イメージ画像

病院薬剤師の仕事の増加と辞めたくなった時の対処法

今も昔も変わらず病院薬剤師は花形の職種で医療現場の最前線で仕事をしたい薬剤師は増加の一途です。 チーム医療という考え方が浸透しており病院薬剤師の業務は急拡大しています。

ここでは、病院薬剤師の仕事の増加と辞めたくなった時の対処法をご紹介いたします。

これまで行ってきた調薬業務にプラスして「病棟での服薬指導」や「医師の回診の同行」や「カンファレンスへの参加」など従来にはなかった新しい展開が見られます。 また薬剤も新薬が次々に開発され複雑化しているため研修の勉強会も活発に頻繁に開催されています。

実務の仕事を正確にこなすことはもちろんのこと研究や勉強もしなければならなくなっています。 「時間がいくらあっても足りない」と臨床現場で勤務する病院薬剤師から嘆きの声も上がっています。 それほどまで病院薬剤師に対しての期待度が大きくなっている証明でもあります。

また高度化する医療業務に対応するために専門薬剤師が続々と登場しています。 「妊婦・授乳婦専門薬剤師」「HIV感染症専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」「がん専門薬剤師」などが薬剤師のクオリティーアップに役立っています。

専門的な薬剤業務に加え医療スタッフへの教育も専門薬剤師は担当する必要があります。 大学病院をはじめ総合病院などに専門薬剤師は在籍しており病院薬剤師には多様な専門知識を持った薬剤師が多くいます。

寄せられる大きな期待に応えようと病院薬剤師は頑張っているのです。 けれども、あまりにも業務がハードなために退職を考える病院薬剤師も少なくないのが現状です。

「職場の人間関係」や「結婚や出産」を機会に病院薬剤師を辞めたい――なんて思うことがあるでしょう。 しかし、せっかく人気の病院薬剤師になり高度な臨床経験を積んだのにその能力やスキルや知識を活用しないのはもったいないです。

このように壁にぶち当たっている病院薬剤師には「転職」や「復職」を検討されてはどうでしょうか? 働き方もフルタイムではなく非常勤などの就労形態がありますので自分のライフスタイルに合わせることができます。

以上、病院薬剤師の仕事の増加と辞めたくなった時の対処法をご紹介いたしました。 病院が変われば雰囲気も全然異なります。 職場の人間関係に疲弊した薬剤師には一刻も早い転職が必要ではないかと思います。

このページの先頭へ