イメージ画像

がん専門の薬剤師とは

がんは不治の病として有名です。いまや、死亡原因のトップに君臨しているがんは、治る病気ではありますが、進行が進むと手遅れになりやすく、シビアな大病としてイメージしている人は少なくありません。

がんはそれだけ知っている人も多い病気であり、厄介なものです。医療の現場は、絶えずそのような病気とも戦っています。患者がそれを克服するのをサポートする立場であり、全力で治療のために尽力していかなければなりません。

そんな中、その治療面で非常に重要なのが薬です。薬は、治療において、なくてはならない存在であり、その薬をいかに活用していくかによって、その人の人生すら左右してしまうこともあるのです。

その薬を扱っていくプロフェッショナルが、薬剤師です。そして、その薬剤師の中には、がん専門の薬剤師が存在しているのです。がん専門薬剤師は、がん治療のためのプロフェッショナルであり、エキスパートです。

がんに対する研究を行い、治療方法を探究しながら、がんにたいする薬剤面からのアプローチを日々極めています。がんは、切除療法が多くイメージされていますが、薬物によって進行を遅延させたり、副作用を抑えたりという方法も多く利用されています。

抗がん剤の投与なども、薬剤師が担っているので、がん専門薬剤師は、通常の薬剤師よりもさらに大きな責任があるといえるでしょう。

がん専門薬剤師が登場してから、抗がん剤は大きく発展していきました。単純に研究している人員が増えたということもありますが、実際の現場で活躍している薬剤師がその研究に力添えすることになったので、専門的な知識が大きく追加されることになり、その成果の学会での発表がより意味のあるものへと変わりました。

患者の意思もふくめて研究していくことができるようになったので、さらに実際の現場と密着した研究がすすめられることとなったのです。現在はまだまだ数も少ないがん専門の薬剤師ですが、これから数を増やせば、がん患者の未来は明るいものへと変わっていくでしょう。

このページの先頭へ