イメージ画像

専門薬剤師とは

専門薬剤師という職業を聞いたことがあるでしょうか。専門薬剤師とは、2008年から新しく設立された制度であり、今日の医療技術界隈における薬剤師の中で、特に専門分野に特化した薬剤師のことを指します。

医師とともに医療活動を行うエキスパートでありながら、その知識は誰よりも詳しい、というのがその位置づけです。医師は、各専門分野でエキスパートが存在していますが、 その発想を薬剤師に適応させた、というわけです。

従来は、薬剤師といえば、医師の指示を完璧にミスなくこなすというのが一番理想的な形でした。もちろん現在でもその発想は変わらず、求められているレベルの最低ラインとなっています。しかしながら、医学の発展や、多くの人が病院を利用する現在、求められる水準はどんどん高くなっているのです。

薬を通し、患者と交流しながらともに治していく姿勢をつくることや、患者がどのような薬なら摂取しやすいかを考え、それを生かしていくことなど、医師の指示から一歩先へ進んだスキルがとても重要になりました。

薬剤師というひとつのくくりではなく、病院のスタッフとしてのくくり、医師のサポーターとしてのくくりなど、様々な側面から見てもスキルが生かせる薬剤師が、求められているのです。

治療が進歩するのに伴って、薬も日々進化し、新しい薬が開発されています。従来の薬剤師では、医師の指示を的確に受けるスタイルでしたが、今はその仕事に加えて専門知識を持った、専門薬剤師が、非常に注目されはじめました。

薬剤師のなかでも、このような別のくくりがもうけられることによって、さらにやりがいのある目標として据えることもできますので、非常の大きなメリットといえることでしょう。

専門薬剤師には、がん専門、感染制御専門、精神科専門など、様々な種類があります。様々な団体がいろいろな薬剤師を求めているので、自分が狙いたいと思える専門薬剤師を狙いながら、目標にしていくと良いでしょう。
新潟県薬剤師会

このページの先頭へ