イメージ画像

薬剤師の産休の現状

薬剤師の産休の現状はどうなっているのでしょうか。薬剤師は、女性も多く働いている職業です。そのため、産休の現状はどうなのかという質問を多くもらいます。

働いている女性に「産休のあとにどうしたいか」というアンケートをとってみると、大きく2パターンに分かれます。

1つは、退職して再就職したい、というケースです。やすむと戻りにくくなるという現状もありますし、状況変化についていけないと自分の負担も大きくなってしまうため、このような形を希望する人が多いようです。

しかしながら、子供に手がかかってしまったりするということもありますので、フルタイムで元のように働くというのは、非常に厳しいという人も多くいるようです。

薬剤師の場合は、再就職という形ではなく、パートやアルバイトなどの勤務形態に切り替え、求人情報を探していくというスタイルにも人気があります。薬剤師はどの時期でも多くの求人情報が出回っていますので、子育てと仕事を両立できそうな案件をサーチしていくとよいでしょう。

また、託児所もついている薬剤師もありますので、仕事先をしっかりと調べるとよいでしょう。仕事先を選ぶ上で重要なのは、いかに自分のライフスタイルと合わせていけるかです。仕事が自分の首を絞めてしまっては、心に負担もかかりますし、良いことはひとつもありません。自分の生活のスケジュールとうまく両立させていける職場を選びましょう。

もう1つのパターンは、休職してもとの職場に復帰するというパターンです。事情等を新しく説明する必要がありませんので、正直なところ、精神的にはだいぶ気楽だという話もちらほら聞きます。

しかしながら、産休後は、体力的にも子育ての忙しさ的にも、前と同じように働くことは困難になりますので、自分の現状と合わせて状況が変えてもらえる職場でないと厳しいという現実もあります。

子育ては、非常に大変なものです。経験者がいれば、アドバイスを聞いてみるのも良いでしょう。自分の負担が少しでも減らせるような職場に勤められるよう、応援しています。

もし、子育てと仕事の両立を考えているなら、パートでの薬剤師勤務の方がよいかもしれません。以下では、パート薬剤師に強い求人サイトを紹介してますので、参考にしてください。
http://www.benri-info.net/index-155.html

このページの先頭へ