イメージ画像

調剤薬局薬剤師の仕事内容

薬剤師と一口に言っても、その業務内容は様々です。薬剤師の就職先として、ツートップになるのは、病院勤務と調剤薬局勤務ですが、現状的には、調剤薬局のほうが勤務されている割合が高いという特徴があります。

薬剤師の資格があるだけで、活躍の場はかなり広く持つことができますので、 どのように生かしていくかは自分次第です。

特に、病院で勤務する薬剤師の業務と、調剤薬局で勤務する薬剤師の業務を比較してみると、様々な実情が見えてきます。今回は、調剤薬局勤務の薬剤師の仕事内容を紹介します。

調剤薬局勤務の薬剤師は、医療行為としての調剤・製剤に専念することになります。最近は、病院の近くに薬局を置き、そこで薬剤師が調剤し、患者さんに薬を渡す、というスタイルが一般的になりました。

調剤薬局の薬剤師は、そのスタイルに合わせ、専門的な知識を取り入れながら、患者さんが正しい方法で服用できるようにサポートしつつ、飲みやすい薬を提供していくことがメインの業務内容となります。

病院と違い、一回一回での対応が非常に重要となってきますので、リスク・注意点は誤解の無いように伝えていかなければなりませんし、複数の併用薬のチェックや、指導などは必ず行っていく必要があります。

病院勤務に比べて非常にシステマチックな職場環境となりますが、やはり同じようにコミュニケーション能力は試されます。いくらシステムが確立しているといえど、そこにかまけて、処方箋の枚数をこなしていくだけでは、自分のためにも、患者のためにもなりません。

多くの処方箋枚数をこなしていく中で、調剤・監査・投薬などの様々な流れを通しながら、患者さんと向き合い、患者さんにとってベストな投薬を提供していくことが大切になるのです。

多くの薬剤師は、まず調剤薬局での勤務を経験してから、病院への転職を希望したり、企業勤務に切り替えたりと、ステップアップの場としてこの調剤薬局を利用しているようです。以下では、調剤薬局薬剤師の求人先選びのポイントについて紹介していますので、よかったら参考にしてください。
調剤薬剤師の求人先選びのチェックポイントは?

直接患者さんと話せる環境から、やりがいを感じている人も多く居ます。是非、検討に加えてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ