イメージ画像

薬剤師転職の面接攻略法

薬剤師が転職活動をしていく上で非常に大切になるのは、面接です。転職だけでなく、あらゆる就職活動において、面接は避けて通れない道となるでしょう。面接は、厳しくもありますが、自分のことを相手に知ってもらうには一番の場所となります。

薬剤師の転職サイトを使って再就職したい方も、転職エージェントなどを上手く活用して、成功を掴み取りましょう。

面接で成功させるためには、自分の気持ちをストレートに伝えられるようにするため、ある程度の準備が必要です。今回はその準備の内容と攻略法をお教えします。

もちろん、職場としての理想だけでなく、自分がどんな薬剤師を目指しているかといった理想も、大切にしていく必要があります。このような薬剤師になるために、このような環境が必要だと、理由をつけた形で説明できれば、それは大きなアピールとなって募集側の心に響きます。

その職業に従事していく以上、その職場の一員となって働く以上、最初のイメージはとても大切なものとなりますし、一度ついたイメージは、払拭するのに時間がかかります。たかが面接だと侮ってはいけないのです。以下で紹介している転職サイトでは、薬剤師の面接アドバイスもしてくれますので、よかったら参考にしてください。

そして、服装にも気遣いましょう。人のイメージのほとんどは、服装で決まることを知っていましたか。それは面接でもおなじことで、服装がしっかりと決まっていれば、それだけ好印象を相手に与えることができます。内面も、服装もぴしっと決め、最高の状態で面接に臨みましょう。


転職の理由は明確に

必ず必要となるのは、自分の理想像を明確にすることです。転職を考えたということは、少なくとも前の職場に不満があるか、新しい世界に飛び出そうと思った理由があるはずです。

その理由を突き詰め、そしてどうしてその新しい勤務地を希望したのかということを、はっきりと言葉にできるように考えておきましょう。なんとなくで転職を思い切る人はなかなか居ません。

転職をするには、それなりの理由があるはずです。そして、面接において、その点は必ず確認されるでしょう。自分にとっての転職のチャンスをつかむためにも、しっかりと自己理解しておきましょう。なお、薬剤師の転職活動については以下のサイトも参考になりますので、併せて参考にしてください。

薬剤師の転職の前にあなた自身の適性を見つめ直そう

薬剤師の転職を成功させるためには、いくつかのポイントが存在しています。 ここでは、あなたが持っている適性を転職に活かすことの重要性をお話しいたします。

ひとくちに「薬剤師の仕事」といっても、その活躍の場は多岐に渡ります。 とくに昨今では、薬剤師の担う役割も多様化し、ますますその選択肢には広がりが生まれているのです。

もしもあなたが今現在、転職を意識し始めているのであれば、 その数多くの選択肢のなかから、あなたにベストマッチする職場を定めておく必要があるでしょう。 「給料」や「休日」、「残業」などの条件に目を光らせることも大切かもしれませんが、 条件や環境ばかりにとらわれていては、入職後のミスマッチを引き起こしかねません。

「薬剤師の職場」ときいて、まず多くの方がイメーシするのは調剤薬局でのお仕事でしょう。 確かに、薬剤師として活躍する方の多くは調剤薬局で働いているという現実もあるでしょう。 意外に思われるかもしれませんが、現在日本に存在している調剤薬局の数は、 コンビビエンスストアの出店数よりも多いというデータもあるほどです。

しかし、薬剤師の職場は調剤薬局だけではありません。 たとえば、製薬会社のMRでは、薬の知識が豊富な薬剤師の存在が注目を集めています。 また新薬の研究・開発のための治験の現場でも、薬剤師は活躍しています。 さらに、最近ではドラッグストアの数も増え、店頭で活躍する薬剤師もよく目にしますね。

このように数ある薬剤師の活躍の場では、それぞれが異なった適性が求められています。 「待遇が良かったから」という理由だけでは、本当にあなたに適した職場であるのかを判断できません。 転職を成功させるためには、待遇や条件以上に重要なチェックポイントが存在しているのです。

あなた自身がどのような人間なのか、何が向いていて、どんな夢を抱いているのか・・・。 とても初歩的なことですが、まずは自己分析から始めてみてください。 そのうえで、妥協せず納得のいく転職先をあぶり出しましょう。

薬剤師の転職先《調剤薬局》

私たちが普段生活していて、とくに薬剤師を目にする機会が多いのは調剤薬局なのではないでしょうか?

調剤薬局とは、病院やクリニックで医師が出した処方箋を元にお薬を調剤し、患者に渡す役割を持っています。医薬分業の確立とともに全国各地に調剤薬局ができ、それぞれで実に多くの薬剤師が活躍しているのです。実際、今現在調剤薬局で薬剤師として活躍されている方も多いはずです。

意外に思われるかもしれませんが、現在日本に存在している調剤薬局の数は、コンビビエンスストアの出店数を上回るというデータもあり、そのぶん調剤薬局での薬剤師の需要は高いということが伺えますね。

調剤薬局への転職事情は、売り手市場だと言われています。そのうえ、家庭の事情を抱えた女性でも働きやすい、といったメリットもあり、薬剤師の転職先として非常にポピュラーな選択肢だと言われています。

正社員としての就職はもちろん可能ですが、パートやアルバイトとして就職すれば、限られた時間での勤務でプライベートに影響も出にくく、家事や育児、また身内の介護などの事情とも両立が図りやすい職場です。

しかしその反面、自身に適性があるかをきちんと把握しておきたいものです。調剤薬局では、毎日たくさんの患者さんと向き合います。

患者さんの抱くお薬に関する疑問や不安を、優しく適切にアドバイス・指示を行うのも調剤薬局の薬剤師の役割ですので、お薬に関する知識はもちろんのこと、人当たりの良さやコミュニケーションスキルが重要になってくるでしょう。つまり、「接客向きなタイプ」こそ、調剤薬局向きな薬剤師だということです。

無表情に受付でぼんやりしている、という状態では務まりません。「こんなはずではなかった」と、入職後に後悔しないようにも、あなた自身のキャラクターた特性を見つめ直してみることも重要です。

調剤薬局での薬剤師のニーズは、これから先なくなってしまうことは無いはずです。 結果に焦らず、妥協せず・・・、じっくりと求人を選ぶ余裕を持ちましょう。

このページの先頭へ